バラの描き方のポイントなど

バラの描き方で綺麗に描ける方法を探してみました。
綺麗な薔薇を描くことができれば、素人目にも結構すごく見えますよね。

そこで、良さそうな描き方をまとめました。


まず、バラの中心をとって花びらの流れに目印をつけます。
次に、輪郭をとりながら花びらがついている構造を意識しつつ描く感じですすめます。

ですが、バラの描き方って他の花や植物と比べると結構難しい部類二はいるので、
できるなら別のものから描き始めた方がいいかもしれませんね。

参考になるのは、ボタニカルアートの入門書や技法書がオススメです。

基本が掴めてくれば割とうまくバラを描けるようになってくるのですが、
最初はなかなか難しいので、絵や写真を真似るだけではなく、
本物のバラを買って実物を模写するのも上達につながります。

もし漫画に出てくるようなバラの描き方を勉強したいのなら、
デザインカット集が良いと思います。

●●入門、といった本は後でムダになってくることも多いので、
お金をかけずに効率的にバラの描き方を勉強するなら図書館が良いです。

最近の図書館は品揃えもよく、利用しやすいので良い本を借りられそうです。
タグ:バラ 描き方
| 趣味
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。